会社に縛られないために、たこ焼き屋でバイトしたほうがいい

投稿者: | 2016年6月20日

現在2歳の娘。将来高校生になったら、バイトしたいとか言い出すのかなと最近妄想しています。
私も今までに色々なバイトをしました。
ホームセンター、居酒屋、引っ越し、プールの監視員、スケートリンクなどなど。
思うと、今も役立っている経験ってあんまり無いです。
もちろん、その時の社会経験は大いに役立っているんでしょうが、スキル的なもので言うと微妙です。
せいぜいフィギュアスケート初級のライセンスが話のネタになるぐらいです。
どうせなら、もっと将来の役に立つバイトをすればよかった。

というわけで、娘には何か将来の役に立つバイトを勧められればなと思います。
そこで考えついたのが、たこ焼き屋なのです。

たこ焼き屋って大体が小さい店舗です。その気になればひとりでも出来るお店です。
そんなたこ焼き屋にバイトとして潜り込んで、たこ焼き屋の経営を学べば、自分でも独立出来るだけの知識と経験が身につくんじゃないでしょうか。
でも別に高校を卒業したらたこ焼き屋になれと言いたいわけじゃありません。

将来、会社に就職した時に縛られないためです。
「その気になれば私はたこ焼き屋として独立できる。」
という心構えがあれば、ブラック企業での労働に耐え切れず自殺するなんて心配も多少減ると思うのです。
だって、仕事辞めればいいんだもの。
仕事辞めずに耐えて、耐えて、耐えて自殺するような人は、その仕事を失った後の生活が心配だからなのでしょう。
会社を辞めても、仕事の宛があるならそんなに辛い思いはせずに済むのです。

別に、たこ焼き屋で無くても構いません。手に職が付けばそれでいいのです。

現に私はSEとしてのスキルがあるので、就職先に困りません。大企業とかは無理ですけど。
だから、結構簡単に会社を辞めてきました。今まで就職した会社は長くても大体2年ぐらいで辞めてます。
色んな会社でSEとして働いた結果、あんまり向いてないと思ったので今はフリーランスなのです。

もちろん娘が
「たこ焼き屋でバイトするなんて嫌!私はマクドでポテトを作りたいの!」
と言うなら止めはしませんが、お父さんはこんな風に考えているんだよという思いは伝えておきたい。

将来会社を躊躇なく辞められるように、手に何らかの職を持つことを勧めたいとは思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*