カルドセプトリボルト雑感、バタリングラムが強すぎる

投稿者: | 2016年7月12日

カルドセプトリボルト買いました。通勤電車と深夜にちょっとずつプレイしています。
カルドセプトシリーズ大好きなので、楽しくて仕方ない。弟と一緒に遊んだ昔のことを懐かしく思い出します。
実家にいる弟もカルドセプトリボルトを購入したので、今度実家に帰ったら久々に対戦して遊ぼうと言っています。
今から対戦が楽しみです。兄より強い弟など存在しないということを思い出させてあげましょう。

さて、私のプレイ状況としては黙々とクエストを進めています。今のところ防御型を即死させる武器であるバタリングラムがお気に入りです。除夜の鐘ゴーン!のやつです。
今までのシリーズでも定番であるコカトリスとの即死コンボはもちろんですが、今回は領地コマンドが格段に使いやすくなったので、防御型に対する移動侵略にも使えます。
あらかじめターンウォールでターゲットを防御型に変えて、サイコロ振って、領地コマンドで横から移動侵略で即死させて領地ゲット。
1ターンで完結するので、ちゃんと考えて実行すれば確実に成功します。
確実性は下がりますが、ターンウォールでターゲットを防御型に変えて、次のターンでチャリオットで侵略というパターンもよく使います。
更に、今回はランドプロテクトの代わりにマジックシェルターというスペルカードが追加されました。
これは対象に防魔+防御型を付けるスペルです。なので、これもターンウォールの代わりに使えます。もちろん自分の重要な土地に使ってもOK。
更に更に、今回は相手の使用アイテムを破壊するグレムリンアイがレア度Nを除くアイテムしか破壊できなくなりました。
バタリングラムはレア度Nなので、安心安定です。
更に更に更に、実はバタリングラムのST+値も強化されていて、ロングソードと同じST+30になりました。(前回まではST+20)
そのおかげかどうかはわかりませんが、コカトリスで即死コンボや!と鼻息荒く攻めこむと即死発動まえに普通に殴り倒してしまうということが稀によくあります。なんかちょっと損した気分です。

バタリングラムを主軸とした防御型即死ブックを使い始めてからは、CPU戦がかなり楽になりました。
なにせCPUは対策なんて取ってきませんからね。やりたい放題です。あんまり賢くないし。

あと、昨日はじめてブリードカードなるものを入手しました。
どうやら自分で育てるカードみたいで、育て方によってST、HP、特殊能力などを自由に割り振れるとのこと。
ST、HPの最大は80。上げれば上げるだけコストも上がる。
育てるにはSPが必要で、SPは最大55得られる。
ざっくりこんな感じですが、ST80とか石化攻撃(70%でスタチュー化)とか先制+麻痺攻撃とかちょっと調べただけでもぶっ壊れ感が半端ないです。
一応ブックに入れられるブリードカードは上限2枚で、対戦ルールで禁止にすることも出来ます。
おそらく、通信対戦ではブリードカード禁止が基本になるでしょう。だって強すぎるもの。
とは言え、やはり「僕が考えた最強のカード」には強い憧れがあるので、がんばって考えて自分だけの最強カードを作ってみようと思います。
まずブックのコンセプトを決めて、それに合わせて育てるのが良いんでしょうね。除夜の鐘ブックに入れるなら先制、石化攻撃、防御型即死(50%)あたりが候補かな。

弟がどんなブリードカードを出してくるかも楽しみです。
あぁ、早く実家に帰りたい。こんなにホームシックになったのはじめてかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*