自分でトイレをウォシュレットに交換

投稿者: | 2016年10月10日

元々住んでいた賃貸はウォシュレットが付いていましたが、新しく引っ越した賃貸はウォシュレット無しでした。
築5年で浴室乾燥機や床暖房は付いているのにウォシュレットは付いていない。なんでやねん。
痔主な私としては、ウォシュレットが無いと色々困ってしまいます。ということで、ウォシュレットに交換することにしました。

購入したのはパナソニックのビューティ・トワレDL-EJX10-CPです。
Amazonで色々見て、一番コスパが良さそうなのと、既存のトイレがパステルアイボリーだったので色を合わせてコチラにしました。

ウォシュレットには大きく分けて貯湯式と瞬間式があります。
貯湯式は本体が安くて、電気代が高い。
瞬間式は本体が高くて、電気代が安い。
どちらにするかは好みになります。うちは冬場しか温水や便座温めの機能を使わないつもりなので、貯湯式の本体が安いタイプにしました。

注文して本体が届いたので、早速取り付けました。
説明書を読みながら自分で取り付けします。

P_20161009_084443_HDR

届いた本体。

P_20161009_084743_HDR

まず止水栓を締めて、水を止めます。
説明書ではタンクへのパイプが上に付いているタイプが載っていますが、我が家のパイプは下に付いています。

P_20161009_085149_HDR

止水栓を締めたら分岐パイプを取り付けるために、既設のパイプを外します。
外す時は水が垂れるので、バケツをセットしておきます。
ちなみに私はバケツが小さく、設置方法も悪かったので結構周りが濡れてしまいました。

P_20161009_090307_HDR

付属の青いパッキンをはめて、分岐パイプを取り付けます。

P_20161009_092529_HDR

分岐パイプに既設のパイプを取り付けます。
ここのパッキンは元々付いていたものをそのまま使いました。

P_20161009_090454_HDR

P_20161009_090527_HDR

続いて、既存の便座を取り外します。
ネジ穴を隠しているキャップを外して、プラスネジを外します。
裏側からナットで止まっていて、そっちを抑えないと共回りしてしまいました。
この時も以前書いた電動ドリルドライバーが大活躍です。

P_20161009_091217_HDR

P_20161009_091225_HDR

新しく買った便座に付いている台座を外します。
画像の2枚目にあるグレーのボタンを押しながらスライドさせると外れます。

P_20161009_091506_HDR

P_20161009_091516_HDR

台座にボルトとワッシャーをセットしておきます。
トイレに台座を取り付け、裏からワッシャー、ナットをはめて手締めします。
これの取付立ち位置は前後に結構はな取付幅があるのですが、適当に付けました。
取り付けたら、本体を前から差し込むようにセットします。

P_20161009_092542_HDR

分岐パイプを本体に差し込みます。

P_20161009_092846_HDR

分岐パイプが外れないようにロックを取り付けます。
説明書やダンボールにはこのロックを正しく付けるようにという説明が多々書かれていました。

P_20161009_093431_HDR

最後にコンセントとアースをセットして完成。
後は説明書に沿って、テスト動作を行いました。特に問題なし。

今回はじめて自分でウォシュレットを取り付けましたが、思っていたより簡単に出来ました。
ただ、取り付け作業中にトイレへ行きたくなると大事件なので、家族全員で事前にトイレは済ませておくように気をつけないとですね。
これで痔が悪化することも防げそうで安心です。


パナソニック 温水洗浄便座 ビューティ・トワレ 貯湯式 パステルアイボリー DL-EJX10-CP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*