ZRX1200Rゲットだぜ

投稿者: | 2016年10月24日

前回の記事でも書きましたが、名義変更も終わり後は陸送を待つばかりだったZRX1200R。
名義変更完了したことを元オーナーさんに連絡し、陸送についてやりとりしていると、
「陸送料金を節約するために、最寄りのデポまで取りにいってもらえますか?」
とのこと。
まぁでも、バイクの陸送でデポまで取りに行くのはよくあること。
デポは高槻2りんかんを指定して、自宅から高槻2りんかんまで取りに行くことにしました。
2りんかんならバイクを受けとった後に何かあっても、ある程度は対応出来そうだし。

そして翌日、また連絡がありました。
「陸送料金を節約するためにデポまでバイクを持ち込みたいので、ナンバープレートを送ってくれませんか?」
と連絡が来ました。
いやいやいや、聞いてないよ!送料込みで買ってるんやから、そこケチらんといてよ!
と思いましたが、バイクはまだ向こうの手の内。ここで相手の機嫌を損ねても良いことは無いだろう……。
でもナンバープレート送って、そこから元オーナーさんがデポまで持ち込んで、岡山のデポから高槻2りんかんまで陸送、私が高槻2りんかんまで取りに行く。
というのを考えると、早くても2週間、長いと1ヶ月は掛かりそうです。
1ヶ月も経つと季節は冬に近づき、気温もかなり下がってバイクに乗るのが辛くなるでしょう。

もう…。なんか、めんどくさい……。

私は言いました。
「明日、取りに行ってもいいですか?乗って帰ります。」
この瞬間、死亡フラグ立ちまくりの岡山→大阪ソロツーリングが決定しました。

そして翌日、雨でした。
取りに行くのを中止しようか悩みに悩みましたが、もうバイクに乗る気になってしまっていたので、岡山へ向かうことにしました。
なんとかなるやろ。
安全第一で帰ってくると、何度も嫁と約束しました。
娘(2歳)、息子(0歳)、嫁(*歳)を支える一家の大黒柱として、必ず無事に帰らねばなりません。(フラグ)

元オーナーさんの仕事の都合で、取りに行くのは夜21時頃となりましたので、
私は夕方頃に岡山へ行き、岡山に出張中の友人と晩御飯を食べて、友達の車で一緒にバイクを取りに行くことにしました。
ありがとう!友達!
ちなみに、私に友達は2人しかいません。そのうちのひとりです。

晩御飯の前に、ワークマンで雨対策グッズを買いました。
前々から目をつけていたBIKERSという名前のバイク用カッパと、ネオプレーンの防水グローブを購入し、晩御飯へ。

何か岡山名物を食べたかったのですが、岡山名物が何なのかわからず時間もあまりないので二人でお好み焼きを食べました。
ふるはうすというお好み焼き屋さんです。某アメリカのコメディドラマを思い出す名前ですね。
お好み焼きの本場大阪から岡山へ来てお好み焼き。正直どないやねんと思いましたが、美味しかったです。
店員のおねーさんも笑顔がステキで、近くにあったら思わず常連になってしまいそうでした。危ない。

お好み焼きを食べ終え、おなかいっぱいになった所で元オーナーさんへ電話。
ふるはうすまで元オーナーさんに迎えに来てもらい、バイクの所へ向かいました。

待ちに待った、私とZRX1200Rのファーストインプレッションです。
事前情報がほとんど無かったこともあり、あまり期待はしていなかったのですが、驚くほどにキレイなバイクでした。
外装は色艶のある濃いライムグリーン。
元オーナーさん曰く、逆車なので国産とは色が異なるそうです。
テール周りの配線に少々のトラブルはありましたが、元オーナーさんと友達が奮闘して直しました。
私は見ていただけです。いや、なんか一生懸命だし邪魔したら悪いなー、と思って。

そして遂に、出発の時が来ました。
ここで、改めてフラグを確認しておきましょう。

・おっさんリターンライダー
・初めてのリッターバイク
・逆輸入車フルパワー
・岡山→大阪の長距離走行(170kmぐらい)
・深夜
・雨
・前日に鳥取で大きな地震
・3日後は嫁の誕生日、プレゼントも購入済み

気をつけ過ぎなぐらいに安全運転で帰ることを決意しました。
出発時に雨は止んでいましたが、途中でまた降るかもしれないのでカッパは装備して乗ることに。
このワークマンで買ったBIKERSというカッパ。中々にスグレモノです。また後日、レビュー記事を書きます。

岡山インターへ向かう途中、ガソリンスタンドでガソリン補給と空気圧チェックをしました。
ガソリンは逆車ですが、元オーナーさんがレギュラーを入れていたということで私もレギュラーを選択。
念のためにコックを確認したら、RES(リザーブ)を向いていました……。しっかりとONに切り替えておきました。
空気圧は前後2.5にしました。勘でこの数値にしたのですが、調べて見たらオーナーズマニュアルの数値も前後2.5でピッタリでした。

準備万端で岡山インターへ向かい、入口の手前で友達とはお別れです。
本当に助かりました。持つべきものは友ですね。
入口で通行券を受け取り、遠い遠い自宅までのツーリングが始まりました。
この時点で、約10年ぶりにバイクに跨って30分後ぐらいの出来事です。
明らかに経験値が足りていない。

おっかなびっくり安全運転で高速を走りながら、昔の感覚を思い出します。
カーブは恐いですが、まっすぐな道なら問題は無さそうです。
相棒となったZRX1200Rの調子も実に良い。

ただ、私の身体が衰えているからか、リッターバイクだからなのか、すぐに手が痺れてきました。
振動で手が痺れるのです。昔、SR400に乗っていたときも同じように手が痺れたことを思い出しました。
SRの時はシングルで400ccなんだから振動がキツくて当たり前だと諦めていましたが、まさか4気筒でも同じ苦しみを味わうことになるとは。
でもよく考えたら、1200 ÷ 4 で1気筒300ccなんですよね。それが4つも付いている。そらしんどいわ。

クラッチも重くて辛かったのですが、高速ではほとんどクラッチを握らないので助かりました。
この重いクラッチ、何か不具合があって重くなってるのか、私の筋力不足なのか、元々こんなもんなのかが全くわからない。
多分、元々重くてみんな辛い思いをしながら乗ってるんでしょう。カワサキだし。
あまりお金をかけたくないですし、しばらくは私の筋力アップでマシにならないか様子を見てみようと思います。

高速道路での走行中は、ひたすら左車線でカンガルー便の後ろに付いて走りました。
途中、サービスエリアで休憩したり、分岐で離れ離れになってしまったりしましたが、走っているとあら不思議、別のカンガルー便さんが走っているではありませんか。
速度も80kmぐらいというゆっくりした速度で安定して走っているカンガルー便さん。後ろを走って引っ張ってもらうには最高のパートナーでした。
カンガルー便さん。ありがとう。

そんなこんなで肌寒い深夜の高速走行を終え、無事に家へ着きました。
岡山を出たのが22時頃、家に帰ったのは2時頃だったので、4時間ぐらい掛かりました。
何事も無くたどり着いてよかったです。
ちなみに、岡山から吹田まで他のバイクは1台も見かけませんでした。
雨の日の深夜の高速なんて、よっぽどの事情が無い限りバイクで走らないよね……。

マンションのバイク置き場に停めようとしたら、もうバイク置き場がいっぱいで停められませんでしたが、端っこの邪魔になりにくそうな所に強引に停めました。
翌日、タイミングを見計らってバイク置き場を見に行ったら場所が空いていたので、そこに移動。
どうやらうちのマンションでは熾烈なバイク置き場争いを繰り広げることになりそうです。

家では愛する娘(2歳)、息子(0歳)、嫁(*歳)がスヤスヤと幸せそうに眠っていました。
家族の幸せを守るために、これからも安全運転を心掛けようと思います。
まずは交通安全のお守りを買いに行かないと。

20161024_ZRX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*