フリーランスな父親が掛けるべき死亡保障金

投稿者: | 2014年8月2日

子供のためにも保険を見直そう!と思いつつズルズルと時間が過ぎていく。
死んでしまってからでは遅い、でも何も考えずに入るのはなんかもったいない気がする。
自分が死んだ時、いったいいくらあれば家族は生きていけるのか?
ちょっと考えてみようと思う。

自分が死んだ時に残された家族が受けられる制度

お国や市から受けられる制度や保障を調べてみた。市の制度は自分が住んでいる吹田市だけ調べた。

遺族年金

772,800円 + 子の加算
子の加算は第1子・第2子の場合は222,400円、第3子以降は74,100円。
子供ひとりの場合の年金額は年額995,200円。月にすると82,933円。
子供が高校卒業するまで(18年)で貰える総額は17,913,600円。
これは基礎年金分なので、厚生年金分がある人は加算されてもう少し増えると思う。
詳細は日本年金機構のWebページを参照。
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=5170

児童手当

今でも支給されているけど、計算のために書いておく。
中学生以下の子どもがいる世帯に支給される国の手当。
3歳未満は1万5000円、3歳から小学生までの第1子と第2子は1万円、第3子以降は1万5000円、中学生は1万円が支給される。
第1子 or 第2子がもらえる総額は約198万円。

児童扶養手当

月4万円ぐらい貰える国の制度。遺族年金を貰う場合は貰えない。
私が死んだ時は遺族年金が貰えるので児童扶養手当は無し。

ひとり親家庭医療費助成制度

吹田市の制度。親の医療費が一日500円になる。
子供医療費助成制度の親バージョンといった所かな。
所得制限あり。
詳細は吹田市のウェブページを参照。
http://www.city.suita.osaka.jp/home/soshiki/div-kodomo/kosodate/000859.html

小・中学校就学援助制度

吹田市の制度。小・中学校で掛かるお金を援助してくれる。
具体的には修学旅行費や給食費などなど。
所得制限あり。
詳細は吹田市のウェブページを参照。
http://www.city.suita.osaka.jp/home/soshiki/div-kyoikusoumu/gakumu/_54951.html

大学進学費用は考えなくていい

保険のパンフレットやらなんやらみてると子供の大学進学費用の話が必ず出てくるけど、本当にこれが必要なのかどうか疑問。
大学なんて奨学金使えばなんとでもなる。そこまでして(借金してまで)行きたくないって言うなら行かなければいい。
4年間遊びたいだけの為に大学進学するなんてアホらしいと思ってるので、志が無いなら生きてても大学進学費用を出すつもりは無い。
そもそも父親が死んだ後で「大学いきたい、でも奨学金とかバイトは嫌!」なんて子供は言わない。
理想は「お母さんに苦労かけたくないけど、大学には行きたいからがんばって勉強して奨学金免除を狙う!無理だったらバイトして学費だけでも稼ぐよ!」な感じ。
なんていい子なんだ!

子供が高校卒業までに必要な生活費

18年間で必要な生活費はいくらなのだろうか。月額15万円あればなんとか生活出来ると思う。
月15万円 * 12ヶ月 = 年180万円
年180万円 * 18年 = 3240万円
実際は嫁の実家に帰ったりでこんなに必要にはならないだろうけど、万が一のことを考えるということでそこは考慮しない。

嫁のパート収入

今は青色専従者として自宅で事業を手伝ってもらっていますが、自分が死んだら事業は廃業なんで嫁は無職になります。
とは言っても、子供がある程度大きくなればパートで稼ぐことも可能でしょう。
子供が中学生になってから以下の条件で働いたとして計算します。
時給800円 * 1日5時間 * 月15日 = 月収6万円
月収6万円 * 12ヶ月 = 72万円

12歳~18歳までの6年間なので
72万円 * 6年 = 432万円。
これぐらいは稼げると仮定します。

必要な金額を計算

3240万円(18年間の生活費) – 1791万円(遺族年金) – 198万円(児童手当) – 432万円(パート収入)
= 819万円
この819万円から貯金額を引いた額が死んだ時に必要となる死亡補償金。
仮に貯金が300万円あるなら519万円分の死亡保障がある保険に入ればOK。

最適な保険は!?

算出した819万円という必要な金額は年々減っていく、更に貯金も増えるだろうから数年ごとに保険を見直すほうが良い。
スポット的な保険の入り方になるので10年定期などのいわゆる掛け捨ての死亡保険が最適。
余計な特約などは付けずに「死んだらxxx万円おりる」というシンプルな保険が望ましい。
試しにライフネット生命のウェブページで死亡保障1000万円の10年定期を見積もりしてみたら月額1,179円だった。
めっちゃ安い。葬式代を考えてもこれで十分。
生命保険料控除のことを考えてもちょうどいい金額です。

ちなみに多くの人が入っている終身保険はまったく必要無いです。
老後に生命保険を掛けておく意味がわからない。子供に遺産を残したい?それなら貯金でいいじゃない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*