新築一戸建てで産業用太陽光発電&自販機設置の夢

投稿者: | 2015年3月12日

新築一戸建てで産業用太陽光発電&自販機設置の夢

最近の妄想ネタはもっぱら太陽光発電と自販機設置だったりします。
そのせいで2週間前はあんなに乗り気だったマンション購入意欲がまったく無くなった。
マンションって管理費や修繕積立金がかかるばっかりで、自分の家や土地を活かした商売ってやりにくいからどうしても負債になる気しかしない。
ここで言う負債はロバート・キヨサキ的な考えの負債。
それに対して一戸建てなら土地もあるし、やり方次第で資産にできそう。

一戸建てなら色々な夢が膨らむ。
太陽光発電の売電で利益を得たり。
敷地内に自販機を設置しておこづかい稼いだり。
家を潰してアパートや駐車場にすることもできる。

虫が家に入ってくるかもっていうのは気になるけど、そんな小さなこと吹き飛ばすほど一戸建てには夢があると思う。
というわけで、最近の妄想を忘れないように書き留めておこうと思う。

太陽光発電の妄想

10kw以上の発電装置をつけたいわゆる産業用太陽光発電というもの。
20年で1,000万円の売上も夢じゃないという代物。すごいぞソーラーパワー!
屋根一面にこれでもかと太陽光パネルを敷き詰めた家にしたい。
発電した電気は全て売電。これは電気を買うお金より売るお金のほうが高いから。
という話をよく他のブログで見たりするけど、これって本当!?

気になったので比較してみました。
関西電力のはぴeタイムで一番高い時間帯であるデイタイムが33.51円(税込み)。
2015年の売電単価は27円(税抜き)消費税8%を足すと29.16円。

・・・売電するほうが損やん。
はぴeタイムはオール電化だと10%割引になるのと、土日祝日は昼間でも25.29円になるので単純に売電が損とは言い切れないけど、
売電しても自分で使ってもあんまり大差ないように思えますね。
売電しすぎると本業と合わせて事業所得1,080万円越えて消費税の納税義務が発生しそうだし、うちの場合は余剰電力を売るほうが合っているのかも。
妄想が現実になりそうな時は要調査ですね!その頃は今より更に売電単価下がってそう。

関西電力 – はぴeタイム
http://www.kepco.co.jp/home/ryoukin/menu/hapie.html

オール電化だと電気代が10%割引になったり、新築だとガスの配管を設置しなくていいのでコスト削減に繋がる。
時間帯によって電気代が変わる。ガス併用と比較すると工夫次第で月3,000円~5,000円は光熱費が安くなるんじゃないかと予想。
ガスの契約が必要無いので、ガスの基本料金が掛からない。
大阪ガスの基本料金はA~Hまでの段階がある。たぶんうちはB料金かな。基本料金は1,337.40円。

大阪ガス – ガス料金メニュー
http://home.osakagas.co.jp/price/menu/general_rate/

オール電化のデメリットは料理しにくいこと。
やっぱりガスで料理するのが一番ですよ。IHはパッと見て火力わかんないし。フライパンもIH対応じゃないとダメだし。
他のこまかいデメリットは無視。瑣末なことばっかり。

[オール電化のメリット]
光熱費が月5千円安くなる。

[オール電化のデメリット]
料理がしにくい

うーん。これならオール電化にしてしまったほうが良いな。
料理のしにくさは慣れるでしょう。きっと。一人暮らしの時はIHで料理してたし。

肝心のソーラーパネルですが、Panasonicのテクノフルソーラーという家が気になっています。
太陽光発電に特化した家という感じ。他のハウスメーカーではこうゆうのは無いんじゃないですかね。
他のハウスメーカーだとあくまで太陽光はおまけって気がする。

大きな片流れ屋根に一面のソーラーパネル。
10kw以上の産業用太陽光発電システム。
まさに20年売電するための住宅!

ただ、めっちゃ高そうな気がしてます。建てるのにいくらかかるのやら。
ググってみたところ坪単価40~60万円ぐらいな感じでした。とりあえず資料請求だけしてみた。

経費的には住宅は事務所にしている部分の比率で按分。今と変わらないなら30%。
太陽光発電に関する部分は100%経費で17年かけて減価償却。
ただ、太陽光発電システムにはグリーン投資減税という減税制度が適用される。

グリーン投資減税
http://www.enecho.meti.go.jp/category/others/green_tax/greensite/green/

なんか難しいことが書かれていますが、青色申告してる個人事業主な私の場合、
即時償却 or 7%の税額控除
を選べるということみたい。7%の税額控除が溢れた分は翌年に繰り越せる。
7%の税額控除のほうがお得かな。

太陽光発電のまとめ

・全量買取、余剰買取のどちらにするかは要検討
・オール電化は光熱費が月5,000円安くなる
・Panasonicの太陽光発電特化型住宅テクノフルソーラーがアツい
・太陽光発電システムに関してはグリーン投資減税が受けられる

自販機設置の妄想

自販機を設置したい。一番の理由は楽しそうだから。
よくあるメーカーに場所だけ貸して、管理はメーカー任せっていうのは興味無い。おもしろくないから。
やっぱり自分で商品を選定して、仕入れて、補充して、売り上げに一喜一憂するのが醍醐味だと思うんですよね。
あと、子供を肩車してジュースの補充を一緒にしたりもしたい。労働を分かち合うのだ!

自販機設置で問題となるのが仕入れと電気代。
仕入れはネットで探して仕入れるのが良さそう。そもそもうちは車を保有していない。今後買うつもりもない。
カーシェアリングの車を使って業務スーパーまでジュースの仕入れに行くのは本末転倒。それならネットで買えばいいのである。
嫁の希望はミニッツメイドのピンクグレープフルーツと、紅茶花伝。
私の希望はコーヒー、お茶、水、カルピス、何か適当に炭酸系。
あと売っていいのかわからないけどOS-1。急な脱水症状や二日酔いに効果バツグンだから!

出来るかどうかわからないけど、鼻笛の販売もしたい。
おそらく缶ジュースと同じような形の容器に入れれば販売できると思われる。
価格も150円ぐらいで売れればOKだし。これに関しては儲けがゼロでも構わない。
近所の子供を中心に巻きおこれ鼻笛ブーム!吹き方がわからない人に直接教えたりできたらいいな。
私もそんなに上手いわけじゃないから、その時のために練習しておかないと。
ああ!妄想が止まらない!!

電気代は太陽光発電を余剰買取にしてる場合はそんなに気にしなくていいかな。
もし全量買取にするなら、昼間の電力を極限まで抑えたコカ・コーラが出している「ピークシフト自販機」が優秀とのこと。
これは夜間に冷やしておいて、昼の電気代が高い時間は冷却をまったく行わずに冷たい飲料を提供できるという夢の自販機。
はぴeタイムとの相性がピッタリ!

日本コカ・コーラ | ピークシフト自販機
http://j.cocacola.co.jp/peak_shift/

ただこれは販売してないんじゃないかな。もし販売してたとしても高そう。
現実的なのは中古の30万円ぐらいの自販機を購入かなと思ってる。
夏の電気代節約のために自販機の上には屋根をつけたい。できればこの屋根の上にも太陽光パネルを設置したいな。

自販機設置のまとめ

・メーカーからのレンタルでは無く、自販機を購入して設置
・自販機は中古で購入
・屋根を作ってそこにも太陽光パネル

この妄想が現実になる日は果たして来るのだろうか。来ないだろうな。



ノーズフルート(鼻笛)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*