WWDC 2014 で新型 Mac mini の発表は無し

投稿者: | 2014年6月3日

はい。発表されなかったよ新型 Mac mini 。
新しいのが出たら買おうと思い始めてはや4ヶ月、全然出えへんやないかい!
未だに Mac mini 2012 のまま放置ってどうゆうことなんでしょうね。もう待ちきれなくて MacBook Pro 買ってスタバ持って行ってドヤ顔 MacBook しろってことなんですかね。

とりあえず今年いっぱいは待ってみようかな。それでも出なかったら MacBook Pro 買う。
で、気になる話題は Swift ですね。 Objectice-C をもっと便利で取っ付き易く改良しましたよ!的な言語。

これで世の中の Java エンジニアに対する iPhone アプリ開発の敷居は多少下がるんじゃないかな。
超電池セツデンッターの iPhone 版開発するなら Swift でやってみようかな。

同じ名前の別言語(Swift parallel scripting language)があるってことで混乱してるひとを多々見かける。
もうちょっと考えて命名したらよかったのにね Apple さん。

それにしても iPhone アプリ開発は言語仕様がガンガン変わるから技術の賞味期限切れが早いな。
あんまり詳しくないけど ARC やらなんやらで autorelease 要らなくなったりしてたよね。
でもググって出てくる情報は古いまま。イチから学ぼうってひとには結構厳しい環境だよね。
同じ Objective-C でもサイトや書籍によって書いてることが違うんだもの。

今回の Swift は一度勉強しただけで長く使える言語だったらいいな。
勉強あんまり好きじゃないから・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*