松井証券とSBI証券で郵政IPOに挑戦

投稿者: | 2015年9月16日

※仮条件決定に伴い、記事を修正しました。

私が今持っている株の口座は松井証券とSBI証券のふたつです。
メインは松井証券で、SBI証券は一回も取引したことが無い。
そもそも大昔に作った口座のID、パスワードがわからなくなっていたので、つい最近再発行したばかりなのです。
口座を作った当時はイートレード証券とかいう名前だった気がする。

このSBI証券の口座を復活させた理由は色々あるのですが、その中のひとつが郵政IPOです。
普段使っている松井証券だけで申し込むより、SBI証券も併用して申し込んだ方が当選確率は上がるので、今回はダブル申し込みします。
今回上場するのは以下の3銘柄です。

銘柄 単元株式数 仮条件の上限
日本郵政(6178) 100 1,400
ゆうちょ銀行(7182) 100 1,450
かんぽ生命保険(7181) 100 2,220

必要な資金は
日本郵政:140,000円
ゆうちょ銀行:145,000円
かんぽ生命保険:220,000円
合計で505,000円となります。
約50万円ですね、これを2口座分用意するとなると約100万円になります。
さすがにこれは厳しい。そんなに資金無いし。

でもよく考えると、松井証券とSBI証券でIPO申し込みの日程が違うことに気づきました。
これはもしかすると、片方で抽選が終わった後に資金を移動させれば、100万円も用意しなくていいんじゃね?
と思ったわけです。

[日本郵政のスケジュール]

口座 ブックビルディング期間 資金が必要な日
松井証券 10/9~10/23 10/30
SBI証券 10/8~10/23 10/26

[ゆうちょ、かんぽのスケジュール]

口座 ブックビルディング期間 資金が必要な日
松井証券 10/9~10/16 10/23
SBI証券 10/8~10/16 10/19

先にSBI証券の抽選があって、4日後に松井証券で抽選というスケジュールです。
ということは、上手くやれば1口座用の資金で2口座から申し込みが出来そうです。

  1. 10/19までにゆうちょ、かんぽ用の資金36.5万円をSBI証券に入金
  2. SBI証券でゆうちょ、かんぽのIPO申し込み
  3. ハズレていたら10/20~23の間にSBI証券から松井証券へ資金36.5万円を移動
  4. 松井証券でゆうちょ、かんぽのIPO申し込み
  5. ハズレていたら10/26に松井証券からSBI証券に日本郵政用の資金14万円を移動(10/24、25は土日)
  6. SBI証券で日本郵政のIPO申し込み
  7. ハズレていたら10/27~10/30の間にSBI証券から松井証券へ資金14万円を移動
  8. 松井証券で日本郵政のIPO申し込み

この手順で2口座から申し込み可能です。
しかも必要な資金は36.5万円。これなら余裕で用意できます。

資金移動がめんどくさいですが、一度この手法でIPOに挑戦してみたいと思います。

松井証券とSBI証券で郵政IPOに挑戦」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: [7182]ゆうちょ銀行のIPO当たりました | 嫁に下ネタ言うのやめたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*