ネット料金が安くなりますよ、という詐欺まがいの悪質なセールスが来た

投稿者: | 2015年10月13日

先週末の日曜日、アポ無しで我が家にセールスマンがやってきました。石川という人です。

石川「こちらのマンションで新しく回線の工事が完了しました。ネット料金がお安くなるので確認をお願いします。」

というので、とりあえず玄関に出て話を聞いてみた。
結果から言うと、詐欺と言ってもいいぐらい悪質なセールスだった。
細かい話は覚えてないけど、ポイントとしてはこんな感じ。

石川「この度、こちらのマンションで新しく工事が完了しました~。」
石川「今まで100メガだったのが、1000メガになりました!」
私「そうなんですか。」
石川「事前に掲示板やチラシでご案内させていただいていたのですが、ご覧になってはいませんか?」
私「見てないですね。」

石川「ネット料金がお安くなるのですが、いくら安くなるとは言っても私共で勝手にお安くすることは出来ないので、確認をお願いします。」
私「はいはい。」

石川「現在お使いの回線はフレッツでしょうか?JCOMでしょうか?」
私「フレッツ」

石川「こちらでお使いのパソコンは1台でしょうか?」
私「5台」
石川「5台!?」
私「(適当に言ったけど、よく考えたら4台だ…。まぁ、いっか)」

石川「今のネット料金はおいくらでしょうか?」
私「覚えていない。」

石川「プロバイダはどこをお使いでしょうか?こちらのマンションですと、OCNさんが多いんですがー。」
私「サンネット」
石川「サンネットさんですねー。」

石川「メールなどはお使いでしょうか?」
私「ウェブメールしか使っていない。」
(厳密に言うと独自ドメインのメール使ってるけど、めんどくさいので言わなかった)

石川「料金をお安くするに当たって、今お使い頂いているネット環境やモデムの交換は必要ありません。」
石川「そのまま安心してお使いいただけます。」
私「はい。(何言ってるんだ、安くなるだけならそんなの当たり前だろ)」
この時点で怪しいなと感じる。

石川「今回の工事の内容がniftyと光回線のコラボモデルとなります。あっ、niftyは富士通です。」
石川「お手続きのためにお客様に一本だけお電話をしていただく必要があります。」
石川「NTTさんに電話して転用承諾番号というものを発行してもらってください。」
石川「発行出来ましたら、番号を私石川までご連絡ください。」
私「…。(プロバイダ変えろっていうセールスやんこれ)」

私「プロバイダ変えろってことですか?」
石川「え?あ、はい。プロバイダはniftyになります。」
石川「プロバイダに特にこだわりが無ければ問題ないと思いますが、何か特別な理由でサンネットさんをお使いでしょうか?」
私「キャッシュバックとかもらってるし、解約するとお金掛かるんでいいです。」
石川「キャッシュバックはもう受け取っていれば、返却などは発生しませんのでー。」
私「いやもういいです。」ガシャン

こんな感じでした。いやー、回りくどい。
後で調べたら、プロバイダを変えろって話では無く回線を乗り換えろって話でした。つまり、NTTの光回線では無くniftyの光回線にしろっていう営業。
はじめからniftyの光回線コラボモデルの営業に来ましたって言えばいいのに。まぁ、そんなこと言われたら門前払いだろうけど。
それにしてもこれ、何もわからずにフレッツ光から乗り換えてしまうひとが多いんじゃないだろうか。
恐らくこちらがある程度詳しいと思ったのだろう、あっさりと引き下がったが、うちの嫁が応対してたら丸め込まれていたかもしれない。

コラボモデルは母体がNTTでは無く、各事業者(今回だとnifty)になるから、なんかトラブルあった場合もniftyが対応することになる。
まだはじまったばかりだし、どんなデメリットがあるかわからない。
対してメリットは料金が安くなるという話だけど、それも微々たるもの。もしくは安くならない。
そもそもこっちの料金を知らないのに、安くなるなんて全く信用出来ない。

なんにせよ、悪どいセールス方法でした。
会社調べるためにも、名刺もらっておけばよかったなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*