肩車補助マシーンSaddleBabyをレビュー

投稿者: | 2015年11月20日

以前から気になっていたSaddleBabyを購入しました。
日本ではあまり流行っていないのか、Web上の情報が少ないので私なりにレビューをしてみようと思います。

私はAmazonで並行輸入品を購入しました。
お値段は約15,000円。高い!
後から気づいたのですが、アメリカのAmazonで直接買ったほうが安かったかもしれません。$89だったし。

saddle_baby_pacage

アメリカ人向けだからか、デフォルトのベルト長さがかなり長めでした。
私は170cm、60kgとごくごく普通の体型ですが、ベルトを限界まで短くしてちょうどいい長さになりました。

届いてから早速装着して近所の公園まで肩車で行ってみました。
確かに肩車したまま両手を離して歩けるし、普段より楽に肩車出来ます。

saddle_baby_01

saddle_baby_02

想定外だったことは以下。

  • 足が短くてバックル部分がギリギリ
  • バックルの付け外し時に子供が不安定になる。
  • リュックを背負えない

うちの娘は1歳半なのですが、肩に乗せてバックルを止めようと足首辺りを固定することになります。見た目ちょっと痛そう。
限界まで前よりに座らせてこの状態なので、これで固定すると椅子部分はもう全く無意味です。
パッケージの写真の子供も、もう少し大きく見えるのでうちの娘にはまだ早かったのかもしれません。
3歳ぐらいからが対象なのかな

バックルの付け外し時は両手でマジックテープを付けたり外したりすることになるので、肩に乗せた子供が不安定になります。
最悪、落ちることになりそうなので、足のバックルを付け外しする時は立たずにしゃがんだほうがいいかもしれません。
片手で付け外し出来るようになっていればいいんですけどねぇ。

あと、非常に困ったのがリュックが背負いにくいということ。
ストラップが結構ゴツいので、リュックを背負おうとすると邪魔になります。
写真を見ると、リュックの肩ベルトがかなり外側に追いやられてるのがわかると思います。
子供と出かける時、おむつや飲み物、タオルなどを入れるのにリュックは必需品なのでこれは致命的。
いくら両手を離して肩車出来ると言っても、手でカバンを持つことになったら意味がない…。
結局、無理やりリュックを背負って出かけました。

というわけで、我が家ではお蔵入りすることとなってしまいました…。
もう少し大きくなってから使おうかな。と思っては居ますが、大きくなったら自分で歩くだろうから肩車する機会も減りそう。
結局、無駄な買い物になってしまった気がします。残念。


SaddleBaby_Ad
SaddleBaby

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*