和歌山県はパンダ県としてまちおこしすればいいのに

投稿者: | 2016年2月5日

現在日本にいるパンダは全部で10頭。そのうちの7頭が和歌山のアドベンチャーワールドで飼育されています。
和歌山のパンダシェア率70%!文句無しの日本一です。
なのに、和歌山県はあんまりパンダのことアピールしてません。少なくとも私にはそう見えます。

これはもったいない!実にもったいない!

子供はパンダが大好きです。
うちの娘(1歳9ヶ月)もパンダの絵を見つけると大興奮です。
「パッパ!パッパ!」
と言います。「パパじゃないよ、パンダだよ〜」とこっちが言ってもお構いなしです。

香川県がうどん県としてアピールしているように、和歌山県もパンダ県としてアピールしていけば人気が出るかもしれません。
海水浴の出来る海があり、ハイキングできる山もある。
アドベンチャーワールドという大きな動物園もあるし、東京までひとっ飛びの空港もある。
仕事はあんまり無いです。

私が思うに、老後を過ごすのに最高の街なんじゃないでしょうか。
名産品も有田みかん、梅干しで年寄りにピッタリ。
お盆やお正月に子供が孫を連れて帰ってきたら、海やアドベンチャーワールドへすぐに連れていけます。

老後は和歌山に移住したいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*