たぬき村ツーリング

投稿者: | 2017年4月26日

2017/04/23(日)滋賀県の信楽にあるたぬき村というところまでバイクで行ってきました。
ZRX1200Rを買ってからはじめてのツーリングになります。日帰りツーリングです。

出発は8:30。
前日がかなり暖かかったし、当日も天気が良さそうだからと油断して薄着で行ったら午前中は寒すぎて途中で帰りたくなりました。
春になり、よやく暖かくなりはじめてからの週末だからか、同じようにツーリングしている人達を多く見かけました。

すれ違いざまに手を上げたり、ピースしたりして挨拶して来るライダーを見て、昔を思い出しました。
そういえば、バイクでツーリングするのは何年ぶりだろうか。多分12年ぶりぐらいだと思う。
12年経っても、ライダー同士の挨拶に変わりがない光景を見て、なんだか嬉しくなりました。
昔は何も気にせずにすれ違うライダーに手を上げまくっていた私ですが、32歳のおっさんになったからか、なんだか気恥ずかしくて数回しか挨拶出来ませんでした。
次のツーリングではもっと積極的に挨拶したいな。危険運転にならない範囲で。

たぬき村へ向かう途中、仮面ライダーのヘルメットを被るライダー集団とすれ違いました。
そう、集団だったのです。
仮面ライダー1号、ストロンガー、V3も居たかな?
ちょっと確認出来ませんでしたが、4人か5人の集団だったと思います。
その中のストロンガーが手を上げて挨拶してくれました。
今までストロンガーに対してあまり興味はありませんでしたが、少しストロンガーのことが好きになりました。
仮面ライダー好きの弟に今度会ったらストロンガーのことを色々聞いてみよう。

時刻は10:10。そんなこんなでたぬき村へ着きました。
想像していたよりしょぼかったです……。
事前情報で「たぬき一万匹がお出迎え」という情報を見ていたので期待が大きかったのかも。
メインの大きいたぬき像も補修中で檻に捕まったたぬきみたいになっていました。
大きさも道中で見かけた信楽焼屋さんにあったたぬき像の方が大きいような気がする。

P_20170423_101535_HDR

P_20170423_104122_HDR

たぬき村では小さいたぬきの置物を自宅用と弟用に2つ買い、次の目的地へと出発しました。
出発時刻は10:40。次の目的地は夢創庵という蕎麦屋さんです。
こちらの蕎麦屋さんは、元々信楽で営業していた蕎麦屋さんなのですが、1年ほど前に移転して今はちょっと北の方にある三雲駅近くの住宅街にお店があります。

事前にネットで信楽のランチ情報を調べていた際にこのお蕎麦屋さんを見つけたのですが、移転していて残念……。
と思ったけど、地図をみたらそんなに離れて無いんじゃ!?と思って行くことにしました。
実際行ってみたら、30分ぐらいかかりました。結構離れてた。
でもたぬき村~夢創庵の道はちょうどいいワインディングで、気持ちよく走れたので行ってよかったです。

時刻は11:10。夢創庵に到着。

P_20170423_112035

11:30まではコーヒーなどのカフェ営業で、お蕎麦の営業は11:30からと書いていましたが、店員さんに聞いてみたらお蕎麦も大丈夫ですよということだったので少し早めのお昼ごはんを食べることにしました。

私の他にもお客さんが2組ほど居て、その人達は皆ざるそばを食べているようでしたが、私は身体が冷え切っていたので温かいお蕎麦の中からきのこと山菜のそばをチョイス。

P_20170423_113337

お値段は1350円とちょっとお高め。
甘みのあるスープに、食べごたえのある太麺、きのこと山菜も美味しくて、ペロリと完食。
写真にはありませんが、サービスで自家製スモークベーコンをつけてくれました。これもおいしかった。

どうやら夫婦でお店をやっているみたいで、隣は自宅とのこと。
奥さんが常にお客さんと話している様子から、かなりの話し好きだということが窺い知れました。
他のお客さんとの話を聞いていると、そのお客さんは骨董品を集めるのが趣味で何十万円もする骨董品を買ったりするのだとか。
すごい話だ。住む世界が違いすぎるよ!

時刻は12:00。夢創庵を出発し、次の目的地へ向かいます。
次は温泉。信楽温泉多羅尾の湯という所です。
たぬき村の方へ逆戻りして南下することになってしまうのですが、行きたいのだから仕方ないのです。
途中までは気持ちのいい道が続いていましたが、信楽温泉多羅尾の湯の4km手前当たりから道幅の狭い片側交互通行な道で、勾配も急だし、湧水で道路が濡れているところもあるしでちょっと怖い道でした。
幸い、対向車が来ることはほとんどありませんでしたので、何事もなく無事に到着しました。

P_20170423_130310_HDR

時刻は13:00。信楽温泉多羅尾の湯。温泉です。
ここはゴルフ場のあるホテルに併設されている温泉で、主に宿泊客の方が利用する温泉なのですが、一般の日帰り入浴も可能です。
入浴料は土日祝は割増料金になり、1200円です。タオル(100円)とバスタオル(200円)を付けると合計1500円。温泉としてはちょっと高め。
私は100円引きのウェブクーポンを持っていたので、それを表示したスマホを見せて……としたかったのですが、ここまでのナビで使っていたスマホの電池残量がゼロに。
そのことを受付の人に伝えたところ、スマホを見せずとも笑顔で100円引きを適用してくれました。優しい。
電池切れのスマホをモバイルバッテリーに繋いで充電しながら、いざ入浴。
ここの温泉は期待以上の素晴らしい温泉でした。
露天風呂から見える景色が綺麗で、露天風呂から見える湖の向こう側には山桜が咲き誇り、散った花弁は湖に扇状に広がり彩る。
そんな景色を見ながら入る露天風呂は、それはそれは贅沢な時間になりました。
他のお客さんが少なかったので、露天風呂が私一人で貸切状態になることもありました。
その後、塩サウナで何気なく塩を肌に塗ると、荒れた肌にしみて痛かったです。
温泉をゆっくりと堪能したので、後はもう家に帰るだけです。

時刻は14:00。
ポカポカの身体で愛車に跨がり、我が家に向かって出発です。
身体が温泉で温まっていたのもありますが、気温も上がっていましたのでこの頃には走っていて寒さを感じることはほとんどありませんでした。
道中、待てど暮らせど一向に変わらない信号におかしいなと思ったら、感応式の信号で私のバイクを認識してくれていなかったという事件はありましたがそれ以外に問題は無く、気持ちよく山道を駆け抜けていたところで横に並んだのは見覚えのあるバイク。
シルバーのZRX1200 DAEGでした。しかも私と同じ大阪ナンバー。これは!と私は閃きました。
スマホの電池残量も心もとなく、帰り道はなんとなくわかりますが、少し不安だった所です。
この際、このバイクに付いていくことにしよう、不審に思われるかもしれないけど、こっちも同じZRX1200(こっちは旧型だけど)。
きっと笑顔で許してくれるさ。という訳の分からないことを考え、付いていくことにしました。
そこから30分以上後ろをベッタリとくっついて帰りました。見知らぬDAEGの人は寝屋川で私の家とは別方向に行ってしまったので、そこまででサヨウナラしました。
ありがとう。DAEG。DAEGのテールランプはそれまでのZRXとは違って近代的なLEDで、これはこれでカッコイイなと思いました。

そこからは一人で吹田にある自宅まで帰り、自宅に着いたのは16:30。
なんだかんだ、無事に日帰りツーリングを終えました。
一日好き勝手させてくれた嫁と子供二人に感謝です。

今回のツーリングで結構な距離を走ったので、ま近いうちにオイル交換や洗車などのメンテナンスをしたいところ。
本当はブレーキの調子が良くない気がするからキャリパーのもみ出しもしたいけど、多分そこまで時間取れないだろうな。

あと、ツーリング中に見かけた他のライダーさんはプロテクターを付けている人達が多かった。
嫁と小さな子供二人を残してこの世を去るのは避けたいので、私もプロテクターを付けたほうがいいのかなと思い始めました。
若い時は全然そんな気にならなかったけど、家族を持つと自分一人の人生では無いですからね。

問題は予算。プロテクター入りのジャケットって割と高い印象。
しかも最低でも夏用と、その春/秋/冬の3シーズン対応の2着が要るんじゃ!?
そもそもバイクに乗ってツーリング行く時間なんて年に1、2回しか取れそうにないし、勿体無いからジャケットじゃなくてプロテクター単品で買ったほうがいいのかな?

考えがまとまりそうに無いので一度バイク用品店に行って、色々見学してみようと思います。

信楽陶苑たぬき村
滋賀県甲賀市信楽町牧1293-2
現在地
ルートを検索
夢創庵
滋賀県甲賀市水口町下山693-333
現在地
ルートを検索
信楽温泉多羅尾の湯
滋賀県甲賀市信楽町多羅尾1
現在地
ルートを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*