中古マンション、セントラル千里山西の内覧へ

投稿者: | 2015年5月26日

週末にはじめての中古マンション内覧へ行ってきた。
物件は緑地公園駅と千里山駅の中間に位置するセントラル千里山西
2駅が徒歩圏内なので立地が良い。2000年04月に出来たマンションなので、現在は築15年。

売りに出ていた部屋は1階の南西角部屋。75.56平米。
お値段2,800万円。うーん、高いな。これならあと200万円プラスして、現在新築中のイニシア桃山台買えるんじゃないか。
すぐ近くにある新築マンション、グランアッシュ千里山西が最低価格3600万円~なんで築15年で800万円の差という所かな。
そう考えるとまぁまぁ妥当な値段。どうしてもこの立地じゃないとダメなんです!っていう人向けかな。

間取りはこんな感じ。広い。

セントラル千里山西

行ってみて気づいたけど、間取り画像と実際の間取りに若干違う部分があった。
実際はリビングと、南側の洋室を隔てる壁部分に収納がついていた。

そして何より驚きなのが、この1階は地下だった。

マンションのエントランスに入り、左に曲がるとすぐにある階段を降りて部屋へ・・・
いや、これを1階と呼ぶのは詐欺じゃないのか?これだけで印象ガタ落ちなんですけど。。。

中に入ると部屋は広い。収納は少なめ。
床暖房は無し。ディスポーザーも無し。
お風呂が汚い。これは売主の使い方が悪かったんだろうな。
部屋の西側、北側にはすぐそこに竹林。虫が多そう。
地下なので暗い、昼間なのに。
何故かソファーやテレビ、冷蔵庫が置きっぱなし。

売る気あるんだろうか、この売主。

この物件は無いな、ということで早々に切り上げてサヨウナラ。
2,800万円で売れるとは思えない物件であった。個人的には1,800万円でも買うかどうか怪しい。

事前情報だけだと割と良い物件に見えたのに、実際に見てみると違うものだと実感した。
あと、立地はそこまで求めていないからもうちょっと駅から離れた所で探そう。
2駅が徒歩圏内っていうのもあるに越したことはないが、北大阪急行線の一駅さえ使えればそれでいいから変に欲張らないようにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*