立会外分売に手を出してみた

投稿者: | 2015年12月21日

立会外分売というのに参加してみました。
立会外分売というのは株式市場が開いていない時に行われる売買です。IPOに似ています。
分売が行われる日の終値から何%か割り引かれた価格で買うことができます。だいたい2〜3%ぐらい。
IPOみたいに大儲けできることはまずないですが、即売りでチマチマと2〜3%の利益を稼ぐことが出来ます。堅い投資。
申し込みが多かった場合は抽選になります。

私は今回はじめてシュッピン(3179)の分売に参加し、当選して即売りで+5,000円程の利益が出ました。
それで味をしめて他の分売も申し込んでみましたが、それっきり当たっていません。
IPOほどでは無いでしょうが、それなりに競争率は高いみたいです。

さて、この分売ですが、有効な立ち回り方があることに気づきました。
分売の申し込みは抽選が行われる日の朝8時頃(SBIなら8:20)まで可能です。つまり、その日の日経平均先物やアメリカの地合いを確かめてから申し込めるんです。
全体的な相場が上がりそうなら、前日の終値から2〜3%のディスカウント価格で買った場合、得する可能性が大きいと言えます。
これはもう勝ちが決まっている勝負のようなものですね。お得すぎる。
来年はIPOと合わせて、分売にも力を入れていこうと思います。

前日の時点で空売りしてクロス取引するという手法もあるようですが、私は信用取引はしない主義なのでこれはパスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*