淡路島一周ツーリング

投稿者: | 2017年5月26日

2017/05/14(日)に淡路島一周ツーリングへ行ってきました。
今回も家族を放置して遊びに行くというのに笑顔で送り出してくれた嫁に感謝です。

今回の予定はこんな感じです。
・淡路ハイウェイオアシスで朝ごはん
・福良マルシェでセルフ海鮮丼
・道の駅うずしおでハンバーガー
・うずの丘大鳴門橋記念館でおっ玉葱の写真撮影
・パルシェ香りの湯で温泉
・どこかで晩御飯

淡路島はおいしそうなものがいっぱいで、予定を考えるだけでおなかが空いてきます。
天気予報で最高気温は26℃となっていましたが、朝は冷える上に淡路島までは高速道路なので、長袖の上にメッシュジャケットで出発です。
カバンは前日にワークマンで買った3,000円の防水リュックのベルトを外して後部座席にネットで固定。中身は雨具だけで、主におみやげ用です。
財布用にウエストポーチも装着。ネットで固定したリュックから出し入れするのは大変ですからね。

出発は朝の8:00。はじめの目的地は淡路島の入り口にある淡路ハイウェイオアシスです。
池田ICから中国道〜北神戸線〜神戸淡路鳴門自動車道というルートで淡路島まで一気に走ります。家からの所要時間は1時間ほど。
これが結構寒かった。日中は暑いだろうと思って半袖Tシャツの上に長袖ジャージ、その上にメッシュジャケットとしたのが間違いでした。
半袖Tシャツの上にもう一枚、長袖Tシャツを着ていくのがベストでした。反省。
そして高速道路ではメッシュジャケットの袖ポケットが大活躍!
ココにETCカードを入れておけば料金の支払いがスムーズです。(ETC車載器は付いてない)
ただ、片手でチャックを閉めるのがちょっと苦労しました。料金所のおっちゃんが閉めてくれた時は大助かりで、感謝感激でした。

時刻は9:00。淡路PAへ到着しました。シーズンだからか、ツーリングに来ているバイクがいっぱいでした。
ここが淡路ハイウェイオアシスか、思ってたよりショボいなー。と思いつつウロウロ。
パン屋さんで淡路島の形になっているカレー味のナンを見つけました。

淡路島っぽいし、これにしよう!ということで、辛さに悶つつも朝食を堪能しました。
そして気づきました。

「ここハイウェイオアシスちゃうやん」

そこは淡路PAであって、ハイウェイオアシスではありませんでした。もう朝ごはん食べちゃったよ……。
ハイウェイオアシスへはこのPAの中から更に奥に進んだところから行けるようです。
のっけから失敗してしまいました。
しかし、淡路ハイウェイオアシスへ行くチャンスは帰りにもある!と気を取り直して次の目的地である福良マルシェへ向けて出発です。

気持ちのいい海沿いの道を走り、菜の花(?)がキレイな山道を駆け抜けます。
途中、謎のパラダイスという謎の施設を横目にしつつ、ツーリングを満喫。
すれ違うライダーにも積極的に手を挙げ挨拶しました。
心なしか、挨拶してくれるライダーが前回のたぬき村ツーリングより多い気がします。

時刻は11:30。福良マルシェへ到着です。

ここではセルフ海鮮丼が目当てです。お刺身コーナーでお刺身を選んで、ごはんを買って自分で海鮮丼を作るのです。
お刺身コーナーはスーパーのような感じです。

ここでまたしても失敗。ごはんは酢飯と普通のごはんが選べるのですが、何故か普通のごはんをチョイス。
食べてみて気づいたのですが、酢飯の方がおいしそうでした。
しかもごはん大にしてしまったのでおなかいっぱい。この後ハンバーガーを食べるつもりだったのに……。
一体何をやってるんだか。お刺身はおいしかったです。
今回は色んな種類が入っているお刺身にしましたが、次回はサクラマスというのを食べてみたいです。もちろん酢飯で!
メニューはこんな感じでした。どれもおいしそうです。しかもリーズナブル!

福良マルシェの隣は道の駅福良となっているのですが、ここには足湯がありました。
タオルも120円で売ってました。良心的なプライス。

あと、チャリンコ用のハンガー?みたいなのもありました。はじめて見ましたが、こういうのが無いと止められないんですね。
この後、コンビニなんかでも同様のハンガーを見かけました。
チャリンコで走っている人も多いし、淡路島はチャリンコの人達を呼び込もうと力を入れてる感が感じられます。

そんなこんなで、次の目的地である淡路島の南端、道の駅うずしおに向けて出発。
途中、若干迷子になりつつも15分ほどで到着。もちろんおなかはいっぱいのままなのでハンバーガーは食べられません!
代わりに、玉葱ソフトクリームを食べることにしました。

ハンバーガーは行列になっていましたが、ソフトクリームは窓口が別になっていたのでサクッと購入。
ベンチに座りながら食べました。強面のおっちゃんがソフトクリームを食べている姿を見て和みながらのんびりしていると……。

ブォンブォン!ブォブォブォブォォォォオン!!

と突然の騒音。3段シートを備えた数十台の暴走族がやってきました。
なんでこんな所に……。せっかくの良い気分が台無しです。
警察も来ていましたが、暴走族と談笑している始末。笑ってないで、全員逮捕して牢獄にブチ込んでよ。
ここは早々に退散して、うずの丘大鳴門橋記念館へ向かいました。

うずの丘大鳴門橋記念館までは近いので、すぐに到着。
そしてここにも居る暴走族達。ベンチに座ってビール飲んでたりします。そして空き缶はその辺に放置。
大鳴門橋から落ちてうずしおに飲まれればいいのに。

うずの丘大鳴門橋記念館の中へ入り、おっ玉葱を撮影。

家族で来たら楽しいだろうなぁ。娘が喜びそうだ。と思いましたが、また暴走族に出くわしたら嫌なので、家族でも来るのはやめときます。
玉葱のUFOキャッチャーにも挑戦。見事成功したら玉葱1.5kgが貰えます。
うん。これは無理だ。

この辺りは暴走族が多そうなので、早々に次の目的地へと向かうことにしました。
次の目的地はパルシェ香りの湯です。ここからは淡路島の西側にある海沿いの道を走ります。
途中、路上の産直玉葱販売所で玉葱を購入。
道の駅うずしお等のメジャーなお土産屋さんでは1.5kgの新玉葱が1,000円近くと高いですが、このような産直の販売所だと安いことが多いです。
1kgで200円の玉葱を2kg購入。持ってきたリュックがいっぱいになりました。
産直の販売所は結構色んな所にあるので、帰り道で見かけたら適当に寄って購入するのがいいと思います。
私はローソン手前のこの辺りにある販売所で購入。

現在地
ルートを検索

時刻は15:00。パルシェ香りの湯へ到着。
なんとここでもハンバーガーが販売されていました。気になりますが、まずは目的の温泉へ。
入浴料600円にタオルが100円です。今回は利用しませんでしたが、貸バスタオルは200円です。
温泉は思っていたより残念な感じでした。全体的に古臭いし、露天風呂から景色も見えない。広くもない。
前回のたぬき村ツーリングで行った信楽温泉多羅尾の湯とは雲泥の差です。

温泉を出て、向かいのお土産屋さんに行ってみました。
ここで枇杷(びわ)サイダーを購入して飲みました。

これがまたしても失敗。
枇杷サイダーはおいしかったのですが、炭酸でおなかが膨れてハンバーガーは食べられそうにありません。
おのれ淡路島、どうしても私にハンバーガーを食べさせないつもりか。
後悔しつつ、次の目的地へ向かいます。
と言っても特に決めていなかったので、海沿いをぐるっと回って朝のリベンジ、淡路ハイウェイオアシスへ行くことにしました。

車の少ない、海岸沿いをずっと走ります。
淡路島一周の道は中央線の無い狭い道が多いので、車が少ないのはありがたいです。
ゴールデンウィークを外して良かった。
時刻は16:45。なんとなく道の駅あわじの駐車場に入り、そのまま停車せずに出て、淡路ハイウェイオアシスへ到着しました。
淡路島の中から淡路ハイウェイオアシスへ行く場合は、高速道路に乗る前に行く必要があります。
駐輪場にバイクを停めて、トンネルの中を歩いて淡路ハイウェイオアシスへ。
なんだかヨーロッパ風の小洒落た建物です。ここで念願のハンバーガーを食べました。
おいしい。作り置きをチンしたハンバーガーでしたが、肉汁ジュワーでおいしかったです。

ハンバーガーを食べたあと、外でボーっとしていたらまたしても騒音が……。
どうやら暴走族が近くに居るようです。ここは早々に立ち去るとしました。
淡路ハイウェイオアシスを出発し、家へ向かいます。サヨウナラ淡路島。

高速に乗り、明石海峡大橋をのんびりと海を見ながら渡りっていると、またまたここでも騒音が。
後ろから続々と三段シートの暴走族がやってきました。最悪の気分で淡路島を後にします。
もうね、明石海峡大橋渡った後のトンネルとかうるさすぎですよ。

途中、渋滞に巻き込まれつつもなんとか大阪まで帰ってきました。
と、ここでまた失敗。池田ICで降りなければいけないのに、吹田ICまで行ってしまいました。
しかもその後Uターンに失敗して茨城まで行ってしまうという大失態。
おかげで帰るのが予定より30分ほど遅れました。

ようやく家に着いて、ギリギリ子供のお風呂の時間に間に合ったので一緒にお風呂に入れました。
嫁にお土産を渡して、無事に今回の淡路島一周ツーリング終了です。

どうやら私と淡路島は相性が良くないようです。行かせてくれた嫁には申し訳ないですが、気分の良くないツーリングでした。
16歳の頃、淡路島一周ツーリングしようとして途中でコケて断念したこともあるし。
結論。淡路島、二度と行かない!

ここからはツーリング中に撮影した愛車の写真。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*