チューリップ植えてみた

投稿者: | 2018年11月17日

前々からなんかベランダで育てたいなーって思ってて、時期的にチューリップが良さそうなのでチューリップを植えることに決定。
うちには園芸用品なんて何もないので、とりあえずコーナンに行くことにしました。昔コーナンでバイトしてたこともあるので、行くたびにちょっと懐かしい。
今回は4歳の娘と二人で買い物から植えるところまで全部一緒にやりました。デートですね。

娘と自転車でコーナンへ行き、チューリップの球根、プランター、培養土を購入。プランターの底に敷く石も要るみたいなんですけど、なんか500円ぐらいしててただの石に500円はもったいない気がして石は買いませんでした。重いし。量多すぎるし。
近所の公園に石いっぱいあるし、そこで拾おう作戦。石拾うのも娘と一緒なら楽しいし。

買い物終わって家に向かっている途中でジョウロを買い忘れたことに気付き、急遽近くにあったキャンドゥへ寄り道。
キャンドゥでペットボトルにくっつけるシャワーヘッドみたいなのを買いました。こんなのあるんですね、便利な世の中や。災害時に頭洗う時とかも役立ちそう。

あと、キャンドゥにもプランターの底に敷く石が売ってました。こっちはコーナンよりだいぶ量が少ないけど、これでちょうど良さそうだったのでやっぱり石拾いはキャンセルして石を購入。500円はもったいないけど、100円ならまぁいっか。

家へ帰って、早速ベランダでチューリップを植えました。
まずは買ってきたプランターに石を敷く。量は気持ち少ない気もするけど、まぁこんなもんでいいでしょ。知らんけど。

次に土を入れます。土は私がコーナンで15年以上前にバイトしてた頃から見覚えある培養土。

これを入れるんですけど、どこまで入れればいいのかわからなくて、ちょっと困りました。
でもよくよく見てみたらプランターの内側に「この線まで土を入れてください」と書いた線を発見!すばらしい!

土を入れたので、いよいよ球根を植えます。買ってきたチューリップは2種類。1袋に4個の球根が入っているので、全部で8個の球根を植えました。
球根をチョイスしたのは娘で、娘は赤が好きなのではじめは両方赤系を選んでたのですが、私はせっかくなので他の色も欲しかったので説得してピンクにチェンジしてもらうことに成功。

球根を植えたので、次は水やり。ここは娘が張り切ってました。どうやら水やりが大好きみたい。
と、ここで問題発生。水やりすると土がへこんでいって球根が見えちゃいました。慌てて球根をもっと深くに埋め直す。
土も「この線まで土を入れてください」の線よりだいぶ下まで下がっちゃったので、上から土を足して軽く混ぜました。

これにてチューリップ植え完了です。全部合わせて1500円ぐらい。
娘と二人で遊びながら楽しくやってこれは安い。しかもプランターはいつまでも再利用できるし、土もめっちゃ余ってる。
他にもなんか育ててみようかなぁ。トウモロコシ育てたい。
娘もチューリップを気に入ったみたいで、終わってからしばらくチューリップを見続けていました。そんなすぐには生えてこないよ。
あと、球根の存在を知らなかったみたいで、種を植えるんじゃないの?と不思議そうにしていました。そうだよねぇ、普通は種だもんね。

娘のためにも、春にちゃんと花を咲かせてあげたいので、水やり忘れないようにしないと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*