子供二人連れてニフレル

投稿者: | 2018年12月19日

12月16日(日)。嫁が美容室に行く日だったので、私は4歳の娘と2歳の息子を連れてニフレルへ行くことにしました。
なんか割引券ついたダイレクトメールもあったし、外は寒いし、ちょうどいいなと思いまして。

うちからニフレルがあるエキスポシティまではチャリンコで15分ぐらい。
この日は午後から雨の天気予報でしたが、ポジティブ思考で乗り切ることにしました。
嫁が作ってくれたスイートポテトをおやつにもって、午後から出発。

並んでるかな〜。とちょっと心配したのですが、受付はそんなに並んでいませんでした。
0.3秒ぐらい待って、受付へ。ダイレクトメール渡して、お金を払う。
このときに受付のおばちゃんに
「今回が初めてですか?」「前回来られてからどれぐらい経っていますか?」
とアンケートにように聞かれました。
「前回来たのはオープンから半年ほどの時でしたかねー。」
と適当に答える。多分それぐらいの時にきたと思う。

中に入ると、人がそこそこ居て、これは子供が迷子になりそうだなと思いました。
そして自由に動き回る子供。上の娘はちゃんと私のそばにいてくれますが、下の息子は自由に動き回る。
たまにお姉ちゃんの見てる水槽の前に割り込んで邪魔をしようとする。困った子だ。男の子ほんま大変。
そして水槽をひとつひとつ観ていくのは無理と判断。子供たちのペースに合わせて進むしかない。

ドクターフィッシュやら、大きい魚の餌やりやらを見て、次へ進むと大きな球体が演出する光のゾーンへ。
なんか床に色んな模様が投影されるんです。これが子供たちに大人気で、多くの子供たちが遊んでいました。
しばらくそこで遊ばせて、「ワニ探しに行こ〜」と連れていく。この時も娘は素直に着いてくるが、息子はガン無視。ほんまに……。

亜熱帯的な水槽ゾーンでカメレオンやカメを見て、ワニやホワイトタイガーがいるゾーンへ。
ここではホワイトタイガーを係員さんが肉のついた容器?を紐で操作しておちょくってました。
容器をネコパンチしたり、飛びついたりするホワイトタイガー。こんなに動く肉食獣を見たのは初めてです。動物園とかだと基本的に動かないですから。
ホワイトタイガーからするといい迷惑なんでしょうけどね。かわいそうって言う人もいますけど、安全な場所で餌もらって生活しているんですから、私はお互いWinWinの関係なんだと思い込んでます。

ホワイトタイガーの後はワニを見て、ミニカバも見ました。
ミニカバは愛想がよく、水槽のガラス越しにこっちに顔を寄せてきてくれていました。

娘はそれで大喜び。息子はそんなミニカバには見向きもせずミニカバの説明画面に夢中でした。
どうやらタブレットと勘違いしてるみたいで画面の色んなところを押したりスクロールしたりしてる。息子よ、それタッチパネルちゃうで。

次のカワウソ、ビーバー、ペンギン、鳥ゾーンへ。
私がカワウソが大好きです。めっちゃかわいい。海遊館でも、王子動物園でも一番好きなのはカワウソなのです。
カワウソ見たり、ちょっとカワウソに似てるビーバーを見てビーバーもありやな!と思っていたらここで息子が行方不明なことに気づく。脱走したか……。
色々探し回ったところ、2つ前のカメレオンがいたゾーンで発見しました。と、今度は娘がいない!
探しながらホワイトタイガーゾーンを抜け、再度鳥ゾーンへ。そこで娘を発見。ミッションコンプリート!

鳥ゾーンを抜け、最後に塗り絵ゾーンがあったのでそこで塗り絵。
塗り絵をしながら娘は「ママにプレゼントする!」と言ってました。かわいい。

ニフレルから退館し、最後はお土産屋さんを抜けておしまい。
と思いきや、ここで娘がペンギンのぬいぐるみが欲しいから買ってと言い始める。
つい反射的に「アカンアカン、そんなお金はない。」と言ってしまいましたが、娘の言い分を聞いてみると「ママがペンギン好きだから、ママにプレゼントしたい」とのこと。
なんて優しい子なんだ!と感動し、購入。15万円のホワイトタイガーのぬいぐるみに比べれば安いもんです。

外に出て、芝生のところでスイートポテトを食べて、雨が降らないうちにと帰ることにしました。
帰り道にちょっと雨が降り始めましたが、そんなに濡れることもなく自宅に到着。
到着するなり、娘はママにペンギンのぬいぐるみをプレゼント。嫁も喜んでくれていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*