吉野家の定期券は無限に納豆を食べられる夢のチケットなのか?検証

投稿者: | 2018年9月10日

吉野家の定期券。それは吉野家では80円割引、はなまるうどんでは天ぷら1品、そしてガストでは100円引きになる、期間中何度でも使えるクーポン券です。
お値段300円で販売中。
そんな定期券で気になることがあったので今回検証してみました。

この吉野家の定期券、今までも何度か発売されていましたが、ガストで使えるようになったのは今回が初めてです。
そこで、私はガストにどんなメニューがあるのかチェックしていたのですが、そこで気になるメニューを見つけたのです。
それが……

納豆 79円(税抜き)

もしかして、これだけ注文して帰ったら無料なんじゃ?
そんな疑問を抱えたまま、私は定期券の使用期間である9月10日を待ちました。
ちなみにこちらの定期券、ガストのテイクアウトには使えません。

そして迎えた本日9月10日。私は真実を解き明かすため、ガストに向かいました。

仕事からの帰り道、ガストに来ました。
ここのガストは大学の近くなので、大学生がいっぱいいます。おっさんひとりで行くのはちょっと恥ずかしい。
何事もなく入店し、メニューを確認するとちゃんと納豆がありました。

ピンポン鳴らして店員さんを召喚。ピーンポ~ン

店員さん「ご注文お決まりでしょうか?」
ワイ「納豆ひとつお願いします。」
店員さん「納……豆……ですか。あ、はい大丈夫です。」

ちょっと戸惑う店員さん。
おそらく、今まで納豆のみを注文する客がいなかったのだろう。客層が大学生に偏ったこの店舗では仕方ないのかもしれない。
ドリンクバーコーナーにあるセルフサービスの水を入れ、飲みながら納豆の登場を待つ。
そして遂にやってきました!

納豆です。思っていたよりしっかりしている。
醤油ダレとからすもちゃんとついていました。ただ、私は苦手なのでからしはスルー。
お箸でグルグルと豪快にかき混ぜ、実食。
粒が大きい、オーソドックスな納豆です。基本であるからこそ安定したおいしさ。

完食したらさっさと退店です。今までの人生で一番滞在時間の短いガストとなりました。
伝票はこちら、税込みでも85円です。

そしてお会計。私はサッと定期券を取り出し、店員さんに渡しました。
店員さんは戸惑いながら「おつりは出ないんですけど、よろしいでしょうか?」と聞いてきた。
これでおつりが出るなら納豆錬金術だ、そこはジェントルな笑顔で「はい。大丈夫です。」と応えました。
何も問題は起こらないまま退店です。

レシート上は85円の割引になっていました。
なんと、無料で納豆食べただけなのにレシートにクーポン券までついてきました!

さすがにそこからもう一回入店してワンモア無料納豆する気力はありませんでしたが、システム的には何度でもOKです。定期券の期間中なら。
というわけで、吉野家の定期券はガストで納豆を無限に食べられる夢のチケットでした。
なんとなく、次回の定期券からガスト除外されそうな予感。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*