千里南公園のとんど祭り

投稿者: | 2019年1月15日

1月14日。3連休最終日の祝日です。いつもは仕事で憂鬱な月曜日も祝日でお休み。素晴らしい。
仕事がお休みだと収入減るんですけどね……。でも、気持ち的に祝日は嬉しいものなのです。

そんなわけで、家族4人で南千里に買い物へ行きました。
途中、マンション建設現場のおっちゃんに「今日はとんど祭りやで〜」と教えてもらいました。そんな催しがあるのか、知らんかった。
南千里へ向かう途中、千里南公園の円形広場の横を通った時に高く積み上がったよく燃えそうなオブジェを発見。
大枠は竹で作られていて、中にはしめ縄やらなんやらが入れられていました。

係の人に聞いたところ、点火は19:00からですが18:30から提灯配布があるようです。提灯はなくなり次第終了。
せっかくなので、夜になったら娘と二人で見に行くことにしました。嫁と息子はお留守番。

南千里で買い物して、おやつを食べるためにくら寿司へ入店。
成人式帰りの人が多いからか、15時なのに20分待ちでした。番号が呼ばれるまで待って、テーブルへ。
ひとりずつおやつを選びます。嫁はミルクレープ、娘はイチゴのかき氷、息子はチョコケーキ、私は炙りチーズサーモン。
だがここでトラブル発生。娘のかき氷だけ全然来ない。20分待っても来ませんでした。
とりあえず、買い物した生物があるからと嫁と息子は先に帰りました。
私は店員さんを呼んでかき氷が20分待っても来ないとクレーム。それから5分ぐらいしたらかき氷が来ました。
だがしかし、ここでまたもやトラブル発生。かき氷が山盛り過ぎてレーンから降ろせない。
慌てて店員さんを呼んで、かき氷はレーンを逆戻しすることで回収されていきました。
それからまた5分後、新しく作られたかき氷が届きました。これでやっと食べられる。

尚、娘は一緒に食べないと悲しむので私の炙りチーズサーモンは30分ぐらいずっと放置。
娘は「かき氷こないね……。」と30回ぐらい言ってました。

そんなかき氷ですが、さすがは250円の高級品。ボリュームたっぷりで4歳の娘は食べ切れませんでした。
食べながらガタガタ震えてたし。真冬に寒い思いしてかき氷食べるとかすごいな娘よ。
残った分は私が食べました。イチゴジャムでした。

それから家に帰って、晩ごはん食べて、とんど祭りへ。
着いたのは18:30頃です。無くなる前に私と娘の分の提灯をゲットしました。
この日は18:50頃に提灯売り切れ。中に立てるロウソクがよく折れるみたいで、ロウソク不足が発生していました。
19:00までウロウロしたりおしゃべりしたりして、そろそろかなというタイミングで最前列へ。
神主さんがワサワサしたのを振って、年男、年女の子が松明を持って火をつける役をやっていました。12歳なんで、小6の子かな。
うちの娘もやりたいと言っていましたが、まだまだ後8年後です。その頃まだこの行事やってるかなぁ。

火がつくと、一気に燃え上がる。思っていたより大きな火です。
竹が爆発して火の粉を巻き上げます。結構遠くまで火の粉が降りてきて危険。
うちの娘は「こわい!こわいこわい!」と言って逃げてしまいました。どうやら見ていた所が風下みたいで、灰やら火の粉が全部こっちに落ちてくる……。
慌てて娘を連れて風下から脱出しました。

しばらく爆発しながら燃えるとんど焼きを見て、火が落ち着いてきたら係のおっちゃんが燃える竹を取り出しはじめた。
どうやらあの火を使って提灯に点火するようです。私もその火をもらって、ロウソクに火をつけ、提灯にセットしました。
キレイな提灯に娘は満足そう。これにてとんど祭り終了。提灯をあまり揺らさないようにしながら、ゆっくり歩いて帰りました。

想像していたより楽しかったので、また来年も参加したいです。
ファイヤー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*