現場が変わって単価が減った!?時給で考えるとそうでもなかった

投稿者: | 2019年4月18日

無事に次の案件が決まりました。
前の現場では1時間あたりの単価4,000円(消費税別)で契約していましたが、次の現場は160~180時間の稼働で61万円(税込み)での契約となりました。
前の現場で180時間働いた場合は消費税込みにすると777,600円の売上だったので、結構下がってしまうことになりました。

だがしかし、そんな現実は受け入れたくなかったので、自分を納得させるために計算してみようと思ったのです。
今回は、通勤時間を含めた家を出てから、家に帰るまでの時間で1時間あたりの純利益を出してみました。

前の現場は家から遠かったので、通勤に往復3時間掛かっていました。
定時の8時間労働に通勤の3時間を足すと11時間です。
1日の売上は4,000円 * 1.08(消費税) * 8時間の34,560円なので、11時間で割って1時間あたりにすると3141円です。

次に、次の現場の単価である160~180時間の稼働で61万円をそれぞれ160時間、180時間で割って1時間あたりの単価を出します。

[160時間の場合]
610,000円 / 160時間 = 3,812円

[180時間の場合]
610,000円 / 180時間 = 3,388円

次の現場は近所なので、通勤は往復1時間です。その気になればチャリンコで行けるぐらいですが、今のところは電車通勤を考えています。
定時の8時間労働に通勤の1時間を足すと9時間です。

月の稼働時間が160時間の場合の1日の売上は
3,812円 * 8時間 = 30,496円
9時間で割って1時間あたりにすると3,388円です。

月の稼働時間が180時間の場合の1日の売上は
3,388円 * 8時間 = 27,104円
9時間で割って1時間あたりにすると3,011円です。

あれ?あんまり前の現場と変わらない?
交通費を考えると、通勤時間を含めた労働時間に対する純利益は前の現場より多くなりそう。

前の現場の1日の交通費:800円
次の現場の1日の交通費:240円
1日あたりの差額:560円

前の現場の1日の売上から交通費を引くと
34,560円 – 800円 = 33,760円
1時間あたり:3,069円

次の現場の1日の売上から交通費を引くと

[160時間の場合]
30,496円 – 240円 = 30,256円
1時間あたり:3,361円

[180時間の場合]
27,104円 – 240円 = 26,864円
1時間あたり:2,984円

前の現場と次の現場の1時間あたり純利益の最大差学は
3,069円 – 2,984円 = 85円

はい。180時間の場合で考えても、あんまり変わらないですね。
実際は定期券で通勤してたので誤差はありそうですけど、そんなに気にするほど差はでないでしょう。
この計算をする前はなんとなく単価と一緒にテンションも下がってましたけど、この結果をみると気にならなくなりました。
めんどくさいけど、計算してよかった!

あと、改めてフリーランスは案件の場所が大事だと実感しました。
いくら単価が良くても、家から遠くて通勤時間が掛かるなら考えものですね。

これからは通勤時間を含めた1時間あたりの純利益3,000円をひとつの目安にしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*